img

361: 恋人は名無しさん 03/12/27 17:33



もう2年前の話なんですが。

当時大学生だった俺は6歳年上の彼女と半同棲していました。

彼女は社会人で働きながら夢を追う(当時の俺には)立派な(に思えた)人でした。

付き合い始めて半年ほどしたある日、二人で彼女のインコに餌やったりしながら

マターリしていると、彼女がポツリ、ポツリと最近の悩みなどを話し始めたのです。






俺は最近様子がおかしいしやはりうすうす何かあると思っていて、

「ついにきたか。」という感じで神妙に聞いていました。

それが、なんと、仕事で知り合った40男(既婚)にストーキングされているというのです。

休日の夜に近くにいるから飲もうなどと電話があって「今日は仕事で泊まりだから無理」と

断ると「嘘だろ。昨日帰ってきてから外に出てないじゃないか。」等かなり気持ち悪い電話だったようです。

俺は彼女が大好きだったし「何かあっても必ず守ってやるから心配するな。

電話くれたらすぐ駆けつけるから。」とかなんとか言った記憶があります。



長いので一旦切ります。


362: 恋人は名無しさん 03/12/27 17:40



その2,3日後、事態が急変したらしく夜学校に残っていた俺に一本の電話がありました。

出ると彼女からで「例の奴が家に上がりこんできて困っている。

今はとりあえず落ち着かせているので大丈夫だが恐いので早く来てくれ」

というものでした。俺は一緒に実験する予定だった同じ研究室の奴に

予定の延期と後片付けを頼むと快く承諾してくれ、車を飛ばして駆けつけました。

彼女の部屋のドアを壊しそうな勢いで開けると、

目の前に組み敷かれた彼女と知らないおっさんが。(ワンルームでしたので)

瞬間、自分でも驚くほどの身軽さでおっさんに飛び蹴りをかましていました。

脇腹にヒットしておっさんがうめき声をあげるのを尻目に彼女にかけよると

髪はぐちゃぐちゃ、腕には痣、頬に切り傷といった惨憺たるありさまで

ブラウスのボタンもちぎれていました。

とりあえず一度ぎゅっと抱きしめておっさんを見ると青い顔をして今にも吐きそうになっています。

同情の余地はなかったのですが一応救急車と警察を呼び、おっさんは腕と足を縛り動けないようにして

彼女を慰めながら到着を待ちました。

警察が来てから事情を話し、一応二人と出頭してもらう必要があるというので

彼女が落ち着いてからちゃんと行くから少し待ってくれと頼んだらそれでいいと言うので

おっさんを引き渡して部屋を片付けたり珈琲を入れてあげたりしながら

ずっと慰めの言葉をかけつづけました。



あぁ、終わらん・・・。すいませんもうちょっと続きます。


365: 恋人は名無しさん 03/12/27 17:50



暫くしてやっと彼女が落ち着いたので じゃあ、大変だけど二人で警察行こうか

ということになりとりあえず珈琲でも、と湯を沸かしている最中に俺の携帯に電話がありました。

相手はよく行く飲み屋でたまに会う友達(女)で、今常連連中で飲んでるからすぐ来い

とかなり酔った感じで叫んでいました。もちろんそれどころではないので

残念だけど今ちょっと忙しいからまた今度誘ってくれと言って電話を切ったのですが、

振り返るとそこに青い顔をした彼女が。

「あ、今沸いたからもうちょっと待ってて。休んでていいよ大変だったんだから。」

「今の誰?」「うん、友達。飲み会なんだってさ。」

「嘘!女でしょう!声聞こえたんだから!浮気してるの!?」

と、一気に激昂する彼女。必死になだめる俺。

しかし普通の精神状態じゃなくなっていた所に追い討ち(くどいようですが本当にただの友達だったのですが)

をかけられた彼女は煮え湯の入ったやかんを投げつけて来ました。

咄嗟に手で振り払ってしまうと蓋が開き中から沸騰した湯が。



結局俺は右腕全体と右わき腹に大火傷を負い全治3週間。

その後おっさんはあばらが折れていたようで過剰防衛になるかも、とか言われたり

向こうの家族が出てきて裁判沙汰になったりと色々ありました。

あ、そのゴタゴタで彼女とは別れました。

長くなってごめんなさい。


367: 恋人は名無しさん 03/12/27 17:57



そこまでして別れるとは・・・

男女の仲ははかないねー


引用元: ・◇修羅場◇part14