2019年02月



    345: 名無しさん@おーぷん 2014/07/27(日)15:57:01 ID:r5Qp40YlD吐き捨てます私は子供の頃からずーっとださくて地味だった。そして何をやってもイマイチなぱっとしない人間だった。努力はした。でも要領が悪いのか能無しなのか駄目だった。周りからも、いつもなんとなく見下 【私をバカにしてきた人に、高収入の旦那との幸せアピールするの楽しすぎwww】の続きを読む



    246:恋人は名無しさん2007/01/27(土) 23:28:51 ID:QTCIDXJZO流れブッタ切りだけど投下していい? 別に婚約とかしてなかったし、お金で解決したわけでもないし、間男に殴られたしヘタレだけどね247:恋人は名無しさん2007/01/27(土) 23:33:28 ID:9lbKxTfWO>>246投稿してぇ248: 【彼女の浮気を知ったので、事の最中を見計らい突撃したら間男に殴られて終わった。】の続きを読む



    515: 名無しの心子知らず 2012/02/24(金) 10:07:11.71 ID:Luh01WNJトメが妊娠した予定日が2ヶ月違い!トメの干渉がなくなりますように。 516: 名無しの心子知らず 2012/02/24(金) 10:09:58.90 ID:EFFWrNYt >>515 ええ!? トメ何歳なの? 518: 名無しの心子知らず 2012/02 【トメが妊娠した。ちなみに私と予定日は2ヶ月違い】の続きを読む



    37: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/14(火) 16:35:07.59 ID:H4VXeSxfかなり前に離婚した元旦那から体の関係を求めるメールが来た。夫婦は金と心で繋がってればいいと行為拒否した挙句に「魂が呼び合った理想の運命の女性」とネットで知り合った女と浮気して離婚に至った 【元夫から体の関係を求める図々しいロミオメールが来た】の続きを読む



    888: 離婚さんいらっしゃい 2008/11/28(金) 19:22:05俺5年くらい前に元嫁に浮気されたよ。発覚は元嫁のメール。元嫁はラリってて明らかにおかしい状態だったから見たんだけど、真っ黒。突き詰めたら認めた。間男が開き直ったのかアホなのか、メールを勝手に見たアンタも悪い 【間男に「嫁さんの携帯を勝手に見るなんて卑怯じゃないですか!告訴します」と言われた】の続きを読む



    326: 恋人は名無しさん 2012/06/26(火) 18:58:47.33 ID:qgUsJySN0結納直前の彼女に浮気されてました、相手妻子持ち、間男も彼女も最悪だけど子供と奥さんのこと考えるとバラせなくて結局俺の泣き寝入り浮気は最悪だよ327: 恋人は名無しさん 2012/06/26(火) 19:38:05.82 ID:9y 【結納直前の彼女に浮気されてた】の続きを読む



    822: 名無しさんといつまでも一緒 投稿日:2007/02/11(日) 16:49:12■相談です■ 昨年の秋、結婚した者です。 結婚式の1週間前に彼(旦那)が浮気をし 嫌な予感がして携帯を見たことで式5日前に私が知るところとなりました。 でも式はキャンセルできる状態ではなく挙行。 【結婚式の5日前に彼の浮気を知りキャンセルできる状態ではなく挙行しましたが最近ひどく惨めになり3週間会話をせず顔も合わせないような生活です】の続きを読む



    746: 名無しさん@HOME 2012/02/28 01:26:09義弟は再婚で初婚の時の子は、義実家に預けている。再婚した相手にも連れ子がいて 再婚相手が義理の仲の子を育てたくないと言ったことと、赤ちゃんから育てた義両親が 手放すのを嫌がったことで、義両親が育てることになった 【義弟が再婚の際、現義弟嫁は「前妻の子は育てたくない」と言ったのでウトメが引き取った。今まではそれで問題なかったが…】の続きを読む



    296: 名無しさん@HOME 2012/07/26 15:43:29義ばっかりで申し訳ない。義父の姉(以下A)は、ちょっとおかしい人だった。義父と義母が結婚するとき、義母をいびり、絶縁。義兄が結婚するときにも、影で義兄のお嫁さんをいびっていたことが発覚し、義父と義兄は激怒。その後 【義母、義兄嫁をいびり絶縁された上私達を離婚させようとした義父の姉】の続きを読む



    182: 名無しさん@HOME 2005/08/08(月) 12:24:165年付き合ってた男に同棲してた女が居たその上別居中の妻子も居た月曜から土曜までほぼ毎日仕事帰りに会って家まで車で送ってくれてたので気づかなかった奴の店は私の職場のすぐ近くだったので電話は店に直接してたし 家 【5年付き合ってた男に同棲してた女が居た】の続きを読む

    このページのトップヘ